スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応の生存報告です

久々のブログです。

仕事の多忙だったり仕事以外の多忙だったり、あるいは某つぶやきでネタを小出ししていたこともあってネタに困ったりと、早い話が書こうという意欲がないままにいたのでありました。


一応の生存報告です。



鉄道模型はそれでも、続けているいや「増え続けている」といった方が正しいか?そんな感じです。

昨年のことまで遡るとなるとちょっと頭を物理的にほじくらないといけない(違)ので、とりあえず年明け以降の話から。

正月に中途半端にできた空き時間に仕方なく遊んだパチンコで、例のごとくワケのわからないままに数字が3つ揃ったことによる恩恵を受けました。
私のモットーは「泡銭なら使ってしまえ!お金使って経済回そう、アベノミーックス!!」。
というわけで、銀玉の恩恵は銀色の車両に還元することにしました。
s-IMGP0546.jpg

今年最初の入線は、地元を走る209系500番台(武蔵野線)。



残業が終わっての帰り道で遠くに武蔵野線を眺めながら歩いていると、砂漠の中のカジノのようなレイクタウンの駅から出て行くこの電車に時々出くわします。
側面表示がLEDなのは同線ではこの車両だけなので真っ暗な中でもそれとわかり、その光景の刷り込みが今回の購入動機。
s-IMGP0549.jpg

昨年暮あたりから、飯田橋の堤からこのアングルで中央・総武線の電車を眺める機会が多かったのも原因かな・・・?


s-IMGP0554.jpg


そしてさらに、中古通販で見つけたこれが「ごはんですよ」の段ボール箱に入ってやってきました。
二台完成車メーカーから出ているカシオペアはそのどちらも決定版としては弱いのか、中古品も見つけやすくまた値段もこなれているのが魅力です。
機関車付の最新セットが定価の約50%で入手できたのは、なによりでした。
北斗星あけぼのそしてこれと、当初あまり頓着するつもりはなかった現行寝台特急が揃ってきたことを知り、一昨年の北陸を見送ったことの後悔が募ります。
撮影にあたって編成写真を・・・と思ったら号車番号が細かくて読めなかったので、このような全景写真でお茶を濁しました。



s-IMGP0565.jpg

s-IMGP0559.jpg

そして、先日届いたのがこれ。
さよならセットも含め、あまり期間や時期が限定される物には手を出さないことが多いのですが、今回はやられました。

s-IMGP0564.jpg


この5号車「福島県」がノックアウトの原因。
(脱線なんて縁起でもないな;)



昨年末商戦の被弾が少なかったそのままの流れで、入線ペースは例年よりもゆっくりと進んでいます。
もっともそれは、ただ単に予約していたアイテムが軒並み3月期に繰り延べされているだけという事情によるもの。
遅延のおかげで代金の支払はすべて完了してあとは待つだけという状態ではあるのですが、なにせその数が・・・。
お店常備の袋ではなく、段ボール箱でないと入りきらないであろうだけの数が待っていたりするのです。
スポンサーサイト

息をするように

少し前のことですが、いわゆる”地震酔い”になりました。

血圧もCTも異常なし。なのに常時、のぼせたような違和感と予告なく襲う眩暈。なぜか震えが来る指先。
埼玉県東部・南部は震源がどこであっても一緒になって揺れる場所であるようで、それゆえに緊張が解けることなく過ごしたために身体中がバキバキに凝ってしまったようです。
「オヤジ」は今や自己紹介乙、なので除外するにしても、「地震雷火事」の中でも地震には飛び抜けて弱い私です。
先月末頃にはだいぶ改善されましたが、小まめなストレッチと念のために処方された薬は欠かせません。


そんな感じで二ヶ月もの間、常時意識が半分飛んだようにフラフラしていたはずなのに、気がつくと目の前にちょっとした「山」ができあがっていました。
つまり私は、どんな時も忘れずに息をしたり飯を食ったりするように、模型を買ってしまうということなのでしょうか・・・・?

計画停電も夏まで休止した間隙を利用して、ひとまず積みあがったままの山を夜な夜な整理したりしております。
と言っても取り付けパーツあるいは室内灯を作って付けて、程度の「とりあえず走れるようにする」軽作業ではあります。

この二ヶ月で増えた車両は

TOMIX N700-8000(R2編成)
TOMIX EF64-0JR貨物更新車
KATO  E5系新幹線「はやぶさ」
KATO  九州新幹線800系「つばめ」
KATO  20系「さくら」基本セットと単品ナハネを2両、ASSYでナハフ20
KATO  オハ35系戦後形を4両ほど
KATO  EF62前期形を2両
KATO  マニ37とオユ10をASSYで
KATO  D51標準形(これは中古で)


その中から賑やかしに、山線で活躍した機関車たちの画像を。

P1010002.jpg

リリースが昨年夏頃で「今更感」のあるモデルです。
店頭で改めて現物を見た際にカラーリングの美しさに魅かれて手に取ってしまった一両。
改めて見てみると、カッコよくて作りが細かいです。これがまだ量販店で手に入るのが意外な印象です。


P1010002-1.jpg

「EF80の屋根の高さを詰めた感じ」個人的印象ではそんな機関車でした。ウエストラインが低く見えたから故ですが、模型もそれを表現できているように思えます。
付属のナックルが長いのは、ジャンパパーツが張り出すEF63との併結+小半径カーブを考慮してのことなのかな?大多数の方と同様、私も短いのにしちゃいました。


P1010002-2.jpg


これもまた「何を今更」です。もう単品では発売されないだろうと思うとつい欲しくなってしまうという、悪い病気が出ました。
この機関車には初めてマグネマティックカプラーを奢ってみました。純正オプションのはずなのに、取り付けに際して接着剤を使うとかの文言が出てきたのには面食らいましたが、少し前まではそちらの方が常識だったのだと思い直し。


KATO蒸機の旧世代に属するものはいずれもスケールとしては大きいものばかりだそうですが、こうして全部KATOにしちゃえば問題なし。
P1010004-1.jpg

むしろここにファインスケールのC62とか入れたら、逆に肩身が狭くなりそう(笑)


これまで客車は「出たらあまり考えずに買う」=無秩序に増えて行く状態だったのですが、種類もタマ数もそれなりに揃ってきました。
24系25形のように、同形式でもメーカーを跨いでダブるものも出始めましたので、機関車も含めて列車ごとに整理・組成を始めてみようかと考えています。
今回「妙高」は急いでセットで買わずにいるのも、ASSYでナハフ20だけを入れているのもそれを見越してのこと。

もっともそれを始めたところで、足りない単品を求めて財布が開きっぱなしになることは今と変わらないのでしょうが・・・。







全般検査

先週後半から、血圧が上がり過ぎて体調を崩しました。

夜中にとんでもなくひどい眩暈がして、変な表現ですが「寝ている場合じゃない」くらいに頭”ぐりんぐりん”しちゃったのが事の発端。
マンガ的描写で言うところの「目ん玉に渦巻き、頭の上をひよこがピヨピヨ」ってのは本当だわと身を以って理解できるほど。なにしろ物理的にも頭が”ぐりんぐりん”しちゃうんだから手に負えない。
かかりつけ医にて測定したところ、上が180を超え、下も120に近い。

そのため、当座の対策を施された後に大病院での精密検査を命じられ、一昨日~昨日に泊りがけで病院の中を”ぐりんぐりん”と徘徊するハメとなったのでした。

その昔はテストの度に素晴しい数字を叩き出して、都度居残りを命じられていた”ファンタジスタ”学生だった私ですが、今検査では幸いにして、条件付きながら無罪放免となりました。
さらに運の良いことに、危惧されていたような大病は患っていないらしいことが確認されてひとまずの安心は得るコトにも成功。


しかぁし!
血圧が高いっちゅう事実だけはどうにも否定できないが故、これまでの「茶色くて赤くて黒い」動物性の食事は控える様に申し渡されました。

当然、大好きなあんなものを食ってはいかん!!
P9200054_convert_20100920203349.jpg


とか、

こんなもの食っちゃいかん!!

P9050068_convert_20100906195553.jpg


などの釘を刺されたのは言うまでもありません。

具体的には著しい睡眠障害がすべての元凶だそうで、そのためにはまず、「痩せれ!!そのためには何でもやれ!!!」という至上命令が下ったわけであります。


なので今、「青や緑、時々灰色」なモノばかり食べています。「おいさんはウサギかっ!?」と言いたくなるくらいに。
それはそれで美味しいので不満は溜まらないのですが、やはり空腹を感じる時間が長いのには困っています。


というわけで、楽しみにしていた先週の滋賀行きは雲散霧消してしまいました。
当初は実車の撮影行も絡めての一泊三日あるいは二日を予定していたのですが・・・・。


模型方面については、旅費が浮いたのを良いことに乱暴狼藉を働いております。
最近の気分や食事と同様に、「青い11月」になりました。

仔細については、また後日にでも。

とりとめの無い週末雑記

今年はやたらに急かされてばかりだった夏の繁忙期もようやく終わりが見えてきたようで、昨日今日と連休にすることができました。

「もういいよ、っつうくらい寝倒してやるんだもんねっ!」と思っていたのですが、昨日今日と家族の送迎のために普段と変わらぬ生活リズムを刻むことを強要されてしまいました。寝溜め食い溜めは利かないものとはいえ、眠かったら好きに眠るという無為な時間を久しぶりに過ごしたかったのですが。。。。

二日間で四往復した先は「ヒガハス」と呼ばれる有名撮影地の近くでした。
カシオペアや北斗星の時間はもう過ぎたというのに、大口径レンズを構える姿が散見される様を横目に見ながら、私は送っていった帰路にタムタム大宮へ。

特に何が欲しいということも無く、万一のIYH!防止のために財布を軽くして訪れたのですが、行ったら行ったでなんだかんだで小物などをちまちまと買ったりなんかして・・・・。

P9200002_convert_20100920203257.jpg
↑ ただいまネコ検品中

EH200ナックルカプラーをふたつ。
単なるライトグレーのかもめナックルなのですが、これが妙に品薄だったんだとか。F氏からも捜索リストのひとつとして挙げられていたものですが、今回の再生産でひと息つけたかしら?
JR以後の車両には滅法弱い私がこれを使う機会があるのかしら?という疑問もあるっちゃあるのですが、あっても邪魔にはならんだろうと。

TOMIXのJC61・TNカプラー密自連をふたつ。
TOMIXのロコをナックル化するために必要となる定番物。
カプラーくらい、簡単自由に選ばせてくれよぉぉぉ!!!と叫んでいたのも今は昔。すんなりと現実を受け容れるサイレントマジョリティーになっちまいました。

そして、KATOのオハフ33を二両。
ウイークアップセール(=week up? 用法として正しいのかしら?)とかで、早い話が特価品で並んでいたもの。定価の50%OFF。

それはさておき。長期在庫品を特価で捌くというのはどの商売でも取られる手法ですが、これ以外にも並んでいた品物のすべてが本年生産or新発売分であることを見るにつけ、ちょっと考えてしまいました。
叩き売りの原因は在庫過多なのだと推察するのですが、それはメーカーの過剰生産なのか問屋の過剰発注なのか販売店の過剰発注なのか・・・?
もちろんその前提として購買力の低下が無ければ発生し得ないものであり、そして現実に低下しているはずです。
となれば、商流のどこかの段階で何かの方策を採らないといけないはずなのですが、果たして・・・・?


さて今回のオハフ33は、床から下の部分だけをこいつ↓に譲って頂く予定です。
P9200005_convert_20100920203519.jpg

いよいよキットなど組み立ててみようかな?と。
手練れの方からすれば「こんなのキット組みの範囲じゃないよ」なんて笑われるでしょうが、各種プラモデルを含めてキットを組むなんてのはハセガワのランボルギーニ・カウンタック以来20年ぶりくらいになるので、かなり緊張しています。
ここで免疫をつけておけば、仙石線の73系に八甲田のワサフ、高崎線のクモニなどの脇役車両さらには地元・東武の車両たちに手を伸ばすことができるので、何とか形にせねばなりません。

普段の仕事が半ば「キット組み」「パーツ設計」みたいなものなので、仕事が終わると毎夜そっち方面のアタマが疲弊してスッカラカンになってしまうのが心配といえば心配です。



さて最後にいきなりですが、「だん吉・エバのおまけコーナー」(笑)。
40の齢を重ねてなお、大盛の誘惑から逃れられない私の「食い物備忘録」をこれから折に触れて記してゆこうかと。

本日はこちら↓
P9200054_convert_20100920203349.jpg

東川口駅近くの「大勝軒」のチャーシューワンタンメン大盛
「大勝軒」と言えば、つけ麺で有名な東池袋のお店がメディアでもしばしば取り上げられますが、名前は同じでもこちらはいわゆる「普通のラーメン」が有名な方の系列。
ラーメン通は、その本店の所在地にちなみ「東池袋系」「永福町系」と分類しているようです。

見た目はいわゆる「東京ラーメン」。しかし動物系のダシの香りはせず、代わりに臭みの一切無い煮干(たぶん)の香りと醤油とが合わさって、およそ日本人の多くが「おいしそう」と感じるであろう香りを醸します。
やわらかめに茹でられた中太ちぢれ麺を、味のよく滲みた焼き上げチャーシューと一緒にズルズル、ワンタンと一緒にツルツル、メンマと一緒にクミクミ、麺だけでザッパザッパして、スープをグビグビ・・・・で今日も完食。ごちそうさまでした。
P9200055_convert_20100920203407.jpg







久しぶりに機関車購入

旧宅では車両の増殖ぶりばかりをネタにしてきましたが、こちらでも一発目のネタはそれになってしまいました。
もっとも、私が本線と決めているところの大抵の物は粗方揃ってしまったので、それもこれからは減って行くかと思います。なにしろ、お金ないし(笑)

なんだかんだで、実は車両を買うのもひと月ぶり。
行きつけにしているお店(都内某個人店)に行くのもひと月ぶり。
店主さんによれば、猛暑のおかげでふらりと立ち寄るお客さんも減って、来店客数自体が少なかったとのこと。
「取り置きの依頼と、通販の電話ばかりだよ(笑)」
はは・・・この日も熱帯夜&最高気温は36℃でした。

お客さんがいないのを良いことに少し長居をして、いろいろ話を伺いながら身請けしてきたのはすべて機関車。

まずはED75-1000番台・前期形(TOMIX)。P9060057_convert_20100907155549.jpg


順調にバリエーション展開を続ける同社のED75シリーズは、安心して購入できます。自身には同社のED75は700番台・1000番台後期に続く3両目となります。
モーターの音の静かさやスロー走行の効き方なぞは、定評ある関水の機関車群を凌ぐとさえ思えます。
前面通風孔と内ハメテールライトなど、むしろ一般形・前期形の無骨な顔に馴染みがあった私にはこちらの方がED75らしい顔に映ります。
そうした思い入れ込みの眼で見てみると、ちょっとスッキリ顔に過ぎるかな?個人的にはむしろ、関水の耐寒形旧製品の方が無骨な感じがして好みなのは、マニアの勝手な思い込みか、単なる関水びいきでしかないのですよね、多分。P9070071_convert_20100907155846.jpg

私の記憶に強い頃の東北本線筋は、南部にわずかなED71が残っていた以外はすべてこのED75でしたので、心象風景通りにこれからもリリースごとにゴロゴロと増えて行くはずです。

添付画像はS57秋、東北本線523レ(だと思います、前後の撮影データからして)。
郡山-藤田間列車だったので、牽引の1009号機は福島所属の物だったのだと思います。
image0-1_convert_20100907161503.jpg



もう1両はEF15最終形(KATO)P9070067_convert_20100907155736.jpg


これもまた、私は「買わなくてはいけない」機関車。
標準形&EF16の売れ行きに気を良くしたのかあるいは当初予定通りなのかは不明ですが、案外早くに「次の一手」が来たなぁという印象です。
竜華区をイメージさせる前面白Hゴム再現ですが、同封のナンバー(184・186・187・188)のロコは新鶴見や立川・宇都宮・高崎二区にも在籍したことがあるようなので、それを表現するとなるといろいろ手を入れる必要が出てきそうです。
とはいえ、年初の標準形そして今回の最終形とも、時代設定的にはこの機関車の晩年期にあたるので、細部の仕様にはいろいろバラつきが出てきて当然なのでしょう。
とりあえずは、調べた限りではそのままで立川機関区仕様にできる188号機にしちゃおうかしら?

タイプは違いますが、添付画像はS57春に高崎線で撮った127号機。なんと調べてみたら廃車2日前の撮影であるらしく、もしかしたらこの機関車を最後に撮影したのは私なのかな?と想像してみたりして・・・・。毎日見ていた機関車なのに、まともに撮っているのはこの1枚だけというのが今となっては心残り。上手く撮るのが難しかった「茶色い機関車」が偶然とはいえ見られるレベルに写っているのがせめてもの救い。EF15127


細かいことですが、今回発売の最終形からスリーブケースの底ウレタンの形状が変わりました。何かを意図しているには違いないのしょうが、それが何なのかはわかりませんでした。この会社の通例として「それはむべなるかも」という理由があるはずです。期待しましょう(久米宏風かつ、意味不明)。


そして機関車最後の1両は、今更感の漂うEF81カシオペア(KATO)。
P9070062_convert_20100907155716.jpg

EF15をふたつ行くかどうか、店頭で迷った末にこちらを選択。
自身5両目のEF81です。オリジナルのローズピンク色ではないEF81は私にはこれが初めて。

実車は新型のEF510にカシオペアの牽引を譲り、経年と長距離運用の消耗による劣化が激しいと想像できるため、今後の行く末が案じられる機関車です。
模型でもその新型機関車の製品化が発表されたこともあり、もう再生産は望めないかもしれないと思って確保した1両。
JR以後、国鉄型機関車はかなりの個体がその塗装を変えられてしまいましたが、このEF81についてはそれほど破綻した、突拍子も無いデザインに変わったものは少ない(除レインボー)と思っています。なので、自身大好きな機関車のひとつでもあって、これからもコツコツとカラーバリエーションも含めて増えてゆくでしょう。
もっとも、貨車を筆頭にJR以後の車両群には滅法疎い&数が少ないので、ウソ列車多発となりそうです。


今月の増備は多分、これでおしまい。

積み上がったままになっている模型たちをまず触ってあげないといけないですが、なにぶんこの暑さはいかんともし難く、まずは体力回復が第一です。

こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

海無し

Author:海無し
鉄道模型ネタを中心に書いて行きます。

とは言っても散財ネタが中心で、大した記事もアイデアも出せずに末席を汚すこととは思いますが、もし私にも居場所が空いておりましたら、居候させてくださいまし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

鉄道萌型技術研究所

東ナノ総合車両センターの裏話

千葉緑機関区運行日誌

ぶらり鉄道趣味日記

だらだらガラクタ箱

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。