スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EF81-300来る

EF81-300(KATO)がやってきました。


先代の3021シリーズには、細部にはさらに先代である3010の刻印も見られましたが、このモデルにはその両品番とも見当たりません。文字通りのフルリニューアルです。
300番台自体の製品化は初であっても、今後長くに亘って多数のバリエーションが展開されるであろう基幹車種のひとつであるEF81の新世代のベンチマークとして見ることができます。


P5210002-1.jpg


タイプが違いますが、先代となった3021-1・一般色と並べてみました。ライト類の大きさが変わったのが一目瞭然です。誘導員ステップが別パーツになっており、白を差すだけでよりリアルにできるのは老眼にはありがたいことです。

P5210005.jpg

上から見た図。ピンボケご容赦下さい。屋根上パーツは最近の同社標準に倣って高圧線が金属線表現になりました。屋根パーツとボディとの分割線位置が変わったのですね。

P5210006.jpg


モールドのエッジの効かせ方の上手さが、押し並べて私がKATOの機関車を好む理由です。エッジを効かせる所はツンツンに立たせ、反面意識的にボヤけさせていると思う所も見受けられたり。模型化するにあたっての「印象把握」が私のそれと合うところが多いのでしょう。
私の実車の印象は、いろんな所がカクカクのバキバキのデコボコのヒダヒダな機関車でした。見慣れていた営団3000系や、製造の古いEF30の方がむしろ、ある意味滑らかな姿に見えました。コルゲートの部分を指で触ると気持ち良いです(笑)

カクカクデコボコなボディのため陰影の付き方が各部バラバラなので、見る角度によって顔の印象が変わるのが銀色の300番台の特徴です(ローズピンクだとこうは見えない)。そしてそれを実現できたのは、素晴しい塗装にも起因します。購入前、一両はローズピンクへの塗り替えも画策していたのですが、塗装を剥がすのが勿体無いのでヤメにしました
・・・・嘘です。先代と同様、前面ガラスを外すのにかなりの勇気が要りそうなのでメゲただけです。

KATOさんには無塗装ボディの分売かローズピンクの早期商品化を期待しております。


付属のナックルカプラーは、またも長いタイプでした。前回のEF62の時に「小半径対応のためではないか?」と書きましたが、違う気がしてきました。単に交換のしやすさを主眼にしたチョイスではないかと思えます。
説明書通りの方法で取り付ける場合、この長さが効くのですね。いつもは先にバネパーツの方ににナックルを挿した状態でスカート背後から入れていましたが今回はそれが難しかった(わずか開口天地寸法が狭まった?)がために気が付いた次第。

P5210003-1.jpg


こんな狭い所で説明書通りの方法で取り付けることは、私には絶対無理です。


P5210001.jpg


とりあえず、樹脂表現で残ったわずかな高圧線を真鍮線に変えてみました。
前面ナンバープレートが妙にキツくて浮いてしまうので、裏面にテーパー取るなどしてもう一回やってみます。


フルリニューアル一号となった今回の模型を見る限り、今後のモデルの出来もかなり約束されていると私は思います。
実車は徐々に走る場所を減らしている現状、どの辺りまでリニューアルしてくれるでしょうか?「タイプ」で終わっていたトワイライトカラー、模型化実績のない初期形など期待も膨らみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>付属のナックルカプラーは、またも長いタイプでした。

私が思うに、開放用のピンが付属したマグネのナックル販売が控えているため、これと交換する場合、短いナックル(要はEF66ナックルに開放用のピンがついたもの)ではスカートと干渉する可能性があるから、ハナから長い方のナックルを「標準」としているのではないかとにらんでいます。

もっとも、EF81なら、短い方のナックルに開放用のピンがついたところで問題ないような気がしますが。

スノープロウのある機関車だと、短いマグネのナックルでは、確実に開放ピンが干渉する気がしますけどね(過去にEF64-0の前・後期形にUSAナックル≒かもめを装着した際、案の定ピンが引っ掛かりました)。

>ふらっとさん

> 私が思うに、開放用のピンが付属したマグネのナックル販売が控えているため、これと交換する場合、短いナックル(要はEF66ナックルに開放用のピンがついたもの)ではスカートと干渉する可能性があるから、ハナから長い方のナックルを「標準」としているのではないかとにらんでいます。

カプラーマイスターにそう言われると、なんかそれが真実な気がしてきました。
ただ、
> もっとも、EF81なら、短い方のナックルに開放用のピンがついたところで問題ないような気がしますが。
そう、今回のにはスノープロウがないし、で最近のだとDD54ブルトレやEF65-500なんかは短いやつ指定だしで、その境がちょっとわからないのです。

> スノープロウのある機関車だと、短いマグネのナックルでは、確実に開放ピンが干渉する気がしますけどね(過去にEF64-0の前・後期形にUSAナックル≒かもめを装着した際、案の定ピンが引っ掛かりました)。
EF64-0は私も引っ掛かりました。おかげでUSAナックルなのにピンなしです (T^T)


ピンつきナックルが出てきたら、ちょっと試してみましょう&試してくださいね(笑)
こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

海無し

Author:海無し
鉄道模型ネタを中心に書いて行きます。

とは言っても散財ネタが中心で、大した記事もアイデアも出せずに末席を汚すこととは思いますが、もし私にも居場所が空いておりましたら、居候させてくださいまし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

鉄道萌型技術研究所

東ナノ総合車両センターの裏話

千葉緑機関区運行日誌

ぶらり鉄道趣味日記

だらだらガラクタ箱

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。