スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年の散財を振り返る(大汗

いつか欲しい、いつ買おう、いや買うまいか、必要ないかも、いやでもやっぱり欲しい、・・・・

そんな葛藤と逡巡と躊躇を重ねて、ついに買ってしまいました。デジタル一眼です。

PC080004.jpg




型落ち寸前のモデル+暗いズームレンズの組合せですが、性能は自分の腕前と用途から考えれば必要充分。
レリーズの反応速度が速いのがありがたく、またずっと使ってきたメーカーの製品なので操作ロジックも違和感なく、すんなり使いこなせそうです。
撮影時のミラーショックが心地良いです。
ボディ+レンズで有り金を使い果たしてしまい、ケースもレンズフィルターも液晶保護フィルムも買えないので、未だ外へ持ち出せないと言うのがちょっとマヌケではありますが;



年末も押し迫った所にやってくる数点の入線予定を残して、今年の散財はほぼ終了となりました。
そこで少し早いですが、今年やってきた模型たちの中で特に気に入った・印象的だったものを整理してみます。


EF62前期形(KATO)
s-EF62.jpg


先日、古本屋にて1981年度版の関水金属Nゲージカタログを発見・購入しました。
露出するメディア自体が少ない当時のそれは、単なる製品カタログとしてだけでなく、各所にコラムが散りばめられて読み物としても非常に楽しいもので、読み耽ってしまいました。
そして、製品予定化されていながら、陽の目を見なかった製品が多数掲載されている(誰が言ったか、通称黒歴史)のもこの時代の同社カタログの特徴?であり、そのひとつにEF62があります。

30年越しで製品化されたEF62は、果たしてその鬱憤を晴らすかのように良くできたモデルでした。
特に実車で印象的だった最低地上高の低さを、後年のTOMIXを見る限り当時では完全に再現できていたか疑問符が付くので、そのためにずっと待たされていたのだと好意的に見ることにします。




九州新幹線N700系7000/8000番台(TOMIX)※私は8000番台R2編成と、CM撮影列車(R10編成)を購入しました。
s-N700-8000.jpg


これは単純に、色が非常に気に入りました(画像ではその微妙な色合いが表現できていませんが)。実車を見てしまったらもっと好きになってしまうと思います。派手で強烈じゃないけど、風景などにありそうで無い色、違いがわかりにくそうだけど、でもやっぱり違う色。好みと言ってしまえばそれまでなのですが・・・

購入前は、最新の新幹線車両だからという義務感に、限定版だからという理由を半ば強引にこじつけて購入したというのが正直な所でありました。
でも、もし買い逃していたら再生産を心待ちに臍を噛んでいたと思います。

ふと気が付いたのですが、数少ない手持ちのJR在来線車両は、JR西日本絡みの物ばかりです。で、入手したすべてについて「良い色だなぁ」と言う印象を持ったことに気が付きました。何と言うか、「模型映え」するのですよね・・・。



C62 2号機(KATO)
s-C62.jpg



実車を動態保存でしか知らない私でも、このモデルのすごさは感じることができました。
既存の専用ユニットがあるのに、重連対応のためだけに動力を新しくするなんてことは、お金が何よりも大事な現代の常識ではなかなか実行できないと思います。道を間違えればストーカーにでも行きかねないほどのこだわりです。

でも、そういうこだわりが物を作る側の良心として捉えられるのが当たり前な時代は確かに存在しましたし、そしてそれは実は案外ほんのちょっとだけの昔だったという気がします。何が売れるか、だけでなく「何を作りたいのか」。そんな思いが伝わってくる製品は業種品種を問わず少なくなってはいないでしょうか。

そういった意味では、昨年のD51共々、この機関車の出来映えと価格は「バーゲン」に思えます。
・・・・で、常磐形はまだですか?


今年は購入車両数は過去ほどにはならないだろう、と自らも予想していました。
改めて振り返ってみると、その予想以上に少なかったような印象があります。以前ならば予約までして購入に走ったであろうものの、結局購入に至らなかったモデルも、指折り数えれば両手に足りるでしょうか・・・?
そんな中でも購入に踏み切った車両は果たして、購入前に吟味をしただけにどれも満足か納得が行く物だったように思います。



来年はどんな車両たちが手許にやってくることになるでしょう・・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

重みのあるタイトルw

模型を再開した当時に比べれば購入数は減ったものの、
私も年末に来て少し散在してしまいました。

>>そういった意味では昨年のD51共々・・・・・
C62は購入しなかったものの、来年にはD51の標準型がリリースされるようで、
私も今から楽しみにしております。
KATOさん、そろそろC11の金型作りなおしてくれないかなぁ・・・・・。
(できればロクヨンの0番台もリニューアルして再販して欲しいんですけどw)

>ふらっとさん

> 模型を再開した当時に比べれば購入数は減ったものの、
> 私も年末に来て少し散在してしまいました。

お互いに当初に決めた「守備範囲」というのはあるでしょうから、時間が過ぎるにつれてそのペースは落ちてきて当然ですよね。(私はシンカンセンなんて深みにはまりましたが・汗)
あっという間に店頭から姿を消すようなモデルも最近は少ないですから、そういった意味では客側としては助かります。

> C62は購入しなかったものの、
私も当初は予定してませんでした。C62は場所も時代も列車も特定されちゃう機関車なので、ある意味「ツブシが利かない」んですよね。私も本命は「ゆうづる」なんですが、各所で実物と試作品を見るにつけ・・・と言うヤツです。この時期の北海道車両もある程度はあるので、スパイラルに落ちることもないでしょうし(笑
498号機は買わなかったD51も、スノープラウも手配して待ってます。

> KATOさん、そろそろC11の金型作りなおしてくれないかなぁ・・・・・。
> (できればロクヨンの0番台もリニューアルして再販して欲しいんですけどw)
そのデカさが弱みの現行C11ですが、エントリーモデルの役割も持つ上での強みはその価格でして、そのメリットを容易に捨てることはできないんじゃないかな、と読んでます。
EF64も1000番台含めてTOMIXの攻勢がしばらく続きそうで、待たされそうですよね。

No title

ホワイトボディーは珍しい!!どこか、モビルスーツっぽいです・・・・(^_^;)

>TMDさん

店頭で実際に物を触ってみた際に
「この質感ならば、従来どおりの黒でなくても良いかな?」と思った次第です。
デジタル一眼と言う言葉に負けて、気後れして外に持ち出すのを躊躇うよりも、軽い気持ちで外に連れ出せるようにしたいな、と。

黒の部分は後日でも色が変えられるらしく、青か緑にして新幹線っぽくするのも楽しいかなと目論んでます。

実物は、MSと言うよりもスターウォーズの兵士みたいですw

落ち着いてきました

海無しさん!

大変ご無沙汰しております!ようやく、落ち着きを取り戻しつつあります!
海無しさんのホームページの書き込みを再開の一歩にしようと思います!
噺家さんをこえる文章を読むたびに元気をもらって、お名前しか存じませんが、
ふらっとさんや、皆さまとの掛け合いに爆笑しております!
本年も大変お世話になり、また、元気を分けて頂きありがとうございました!
良いお年をお迎えくださいませ。

>506レさん

あの長い揺れの最中、私は頭だけが妙な冷め方をしていました。
震源は遠そうだ、伊豆新潟東北、どこだ?東北だったら・・・・
かの地に多くいる親類縁者知人の名前と姿が頭をよぎったのですが、その中の一人に506レさんもありました。
顔も知らないのに、なんだったんでしょうかね(今となっては笑)


現地に構える方にとって、見聞する以上にいろいろなことがあった一年だったとお察しいたします。
そしてこうして、再開までこぎつけられたこと、うれしく思います。


ロクに援助も手助けもしていないくせに慌てふためくばかりで、まったく筆をしたためることが少なかった本年ですが、私も少しづつ元に戻してゆきたいと思っております。

本年もありがとうございました。そしてなにより、お疲れさまでした!

良いお年をお迎え下さい&良い年にしましょう。
こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

海無し

Author:海無し
鉄道模型ネタを中心に書いて行きます。

とは言っても散財ネタが中心で、大した記事もアイデアも出せずに末席を汚すこととは思いますが、もし私にも居場所が空いておりましたら、居候させてくださいまし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

鉄道萌型技術研究所

東ナノ総合車両センターの裏話

千葉緑機関区運行日誌

ぶらり鉄道趣味日記

だらだらガラクタ箱

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。