スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山」から「沼」へ

ブログを書いていなかった期間のお話をひとつ。

昨年は何かと「シリーズ物」「同じ形式」がまとまってやってきた一年でした。

夏の「月刊スペーシア」4連発・・・
冬の「100系新幹線3連弾」・・・

そして秋から冬にかけては、私の「本線」である485系の沼にはまることになりました。


トミックスからボンネット先頭車をはじめとした「初期形」が発売されたのが9月。
そして待望の関水からの300番台(後期形)各種の発売が12月。
それと時期をほぼ同じくして、過去発売分の200・300・1000番台(TOMIX)をお知り合いの方からまとめて譲渡いただく機会があったのです。

オークションに出品すればそれなりの高値(1000番台は特に)がついたであろう物を格安にて譲っていただき、感謝感謝であります。

手持ちの車両に今回転属してきた車両と初期形を少々購入して出来上がったのが↓これ。
IMGP0601.jpg

調子こいて489系とかも作っちゃってますが、TOMIXだけで12両入りブックケースが7本だから・・・うっは;


いつかは上野口の特急電車を列車名別に揃えられたら良いな(でもそれやったらアホかな?)と思っていたのですが、今回をきっかけに「アホの方向」に進むことが完全に決まりました。
こうなったら、列車名別どころか受持運転区別で揃える方向に行くことが決定です。
全列車・全運転区制覇って、いったい何本必要なのかしら・・・・?
まあいいか、毒を食らわば皿まで。だけど「マンジュウ」は怖い。それでもとことん行くだけです。


列車名を固定するので、こんなこともできます。
IMGP0587.jpg

IMGP0589.jpg


セット同梱のインレタではなく「くろま屋」さんのインレタを奢ってみました。
通常のマット銀色ではなくメタリック銀であつらえて頂いたのですが、個人的な満足度はかなり高いです。
JNRマークも車番も銀色に輝いていたのが、私の心象風景なのです。


まだ手を入れている途中(いつ終わるのかしら?;)ですが、今回はそのうちの一本をご紹介。
イメージとしては昭和53年10月改正時点での「はつかり」です

IMGP0567.jpg
青森形先頭車:12号車はクハ481の200番台。
「白鳥」電車化の時に青森に配置され、一時は現在の新幹線つばさ+やまびこのように運用する計画もあったらしく、青森に集中配置されていたこともあったと聞きます。
実車はこの前の改正から主に南福岡への転属が始まり(かもめ+みどり対応の為)、数を減らし始めた時期です。
白いかまぼこ型の連結器カバーは、青森と秋田の485系の特徴でした。

IMGP0573.jpg
11号車と10号車はモハ485+484のユニット。
青森配置車両にしては当時かなり少数派で、「やまびこ」電車化の際に配置された初期形の生き残りです。
北東北向け列車や豪雪の日本海側列車(白鳥・青森いなほ)も担当することもあって、この時期は続々と耐寒耐雪仕様の1000番台が青森に新製配置されて、この初期形を置き換えていました。

IMGP0574.jpg
9号車と8号車もモハ485+484のユニット。
ここには新製間もない?1000番台車が入りました。
この当時の485系で悩ましいのが、屋根の色。
省力化のためなのか、銀色屋根だった車両も続々とこの1000番台のようなグレー屋根になってみたりはたまた仙台運転所の車両のように一部だけ銀で残したりと、いろいろ混ざっています。
それに関しての詳しい資料を探しているのですが、なかなかそのものズバリな文献が見つからずで。

IMGP0575.jpg
7号車と6号車には食堂車とグリーン車。
昭和53年10月改正で、以前は2号車だったグリーン車がここに移動しています。
グリーン車=車掌室付き車両が編成中間に来たことで、従来8号車または9号車のモハには車掌室付車=初期形かモハ484-600番台を入れなければならない、という縛りが不要になりました。
具体的には、この年代の8.9号車にはどのモハユニットが来てもOK、ということになります。

IMGP0576.jpg
IMGP0577.jpg

5号車から2号車まではさらにモハユニットが二組。
12両のうち電動車が8両という強力な編成が東北特急の特徴ですが、これは勾配や速度対策という観点の他に故障対策という側面もあったようです。
標準が6M6Tで編成を組むと、1ユニットが故障した場合は4M8Tとなり表定通りのダイヤをこなせなくなるということだったようです。

IMGP0579.jpg

1号車・上野寄り先頭車はクハ481の300番台。
200番台クハや583系と違ってトレインマーク窓が大きくて、かつ引っ込んでいないこの形の先頭車は自分としてはお気に入りでした。
折り返しの上野駅で列車名を変える時、電動でクルクル回る各種トレインマークを一網打尽とばかりにシャッターを切った経験を持つ方は多数いらっしゃるのではないでしょうか?


なお、12月に発売なったKATOの485系300番台は、既に手持ちにあった「雷鳥」セットとの混合でやはり485系列車だった仙台運転所受持ちの「ひばり」「ひたち」になってもらいました(なってもらう予定です)。
そしてこれで「485系完全制覇ー!」を高らかに謳うのかと思いきや、まったくそうではありません。

実のところ、自分がもっとも狙いたいのは昭和55年10月改正以降の各列車の姿です。
そうなると、特徴のある顔をした北海道帰りの1500番台が入らなければならず、更には1000番台車もかなり入れなければならなくなってきます。
これからのTOMIXの展開に期待するのもそうなのですが、期待通りに行ったとして果たして、浮いてしまった車両をどうするのよ?と。

実車同様のカオス状態に踏み込んでしまったような気がしてなりません。








一応の生存報告です

久々のブログです。

仕事の多忙だったり仕事以外の多忙だったり、あるいは某つぶやきでネタを小出ししていたこともあってネタに困ったりと、早い話が書こうという意欲がないままにいたのでありました。


一応の生存報告です。



鉄道模型はそれでも、続けているいや「増え続けている」といった方が正しいか?そんな感じです。

昨年のことまで遡るとなるとちょっと頭を物理的にほじくらないといけない(違)ので、とりあえず年明け以降の話から。

正月に中途半端にできた空き時間に仕方なく遊んだパチンコで、例のごとくワケのわからないままに数字が3つ揃ったことによる恩恵を受けました。
私のモットーは「泡銭なら使ってしまえ!お金使って経済回そう、アベノミーックス!!」。
というわけで、銀玉の恩恵は銀色の車両に還元することにしました。
s-IMGP0546.jpg

今年最初の入線は、地元を走る209系500番台(武蔵野線)。



残業が終わっての帰り道で遠くに武蔵野線を眺めながら歩いていると、砂漠の中のカジノのようなレイクタウンの駅から出て行くこの電車に時々出くわします。
側面表示がLEDなのは同線ではこの車両だけなので真っ暗な中でもそれとわかり、その光景の刷り込みが今回の購入動機。
s-IMGP0549.jpg

昨年暮あたりから、飯田橋の堤からこのアングルで中央・総武線の電車を眺める機会が多かったのも原因かな・・・?


s-IMGP0554.jpg


そしてさらに、中古通販で見つけたこれが「ごはんですよ」の段ボール箱に入ってやってきました。
二台完成車メーカーから出ているカシオペアはそのどちらも決定版としては弱いのか、中古品も見つけやすくまた値段もこなれているのが魅力です。
機関車付の最新セットが定価の約50%で入手できたのは、なによりでした。
北斗星あけぼのそしてこれと、当初あまり頓着するつもりはなかった現行寝台特急が揃ってきたことを知り、一昨年の北陸を見送ったことの後悔が募ります。
撮影にあたって編成写真を・・・と思ったら号車番号が細かくて読めなかったので、このような全景写真でお茶を濁しました。



s-IMGP0565.jpg

s-IMGP0559.jpg

そして、先日届いたのがこれ。
さよならセットも含め、あまり期間や時期が限定される物には手を出さないことが多いのですが、今回はやられました。

s-IMGP0564.jpg


この5号車「福島県」がノックアウトの原因。
(脱線なんて縁起でもないな;)



昨年末商戦の被弾が少なかったそのままの流れで、入線ペースは例年よりもゆっくりと進んでいます。
もっともそれは、ただ単に予約していたアイテムが軒並み3月期に繰り延べされているだけという事情によるもの。
遅延のおかげで代金の支払はすべて完了してあとは待つだけという状態ではあるのですが、なにせその数が・・・。
お店常備の袋ではなく、段ボール箱でないと入りきらないであろうだけの数が待っていたりするのです。

山を作る!(ただし違う意味で

しばらくサボっている間に、伊勢崎線沿線住民からスカイツリーライン沿線住民に変わった海無しです。
あれの看板架け替えに費やすお金を、野田線の踏切制御に投資してくれた方が、よほどメリットがあるんじゃないかと思います。


毎年繁忙期になる2月&3月そして4月なのですが、今年は輪をかけて忙しく働くことになりました(近年がヒマ過ぎたとも言う)。


事前の噂と状況から、多分やらないだろうしやりたくないな、と思っていた「悪魔の塔」のお仕事にまで蟻地獄のように引きずり込まれ、本来なら感じなくても良いストレスまで頂戴している状態です。

一言だけ言わせてください。

下請の末端も末端な零細自営業が、一部上場メーカーの生管と直接やりとりするなんてことやってるようじゃ、コーディネーターが介在する意味がないと思うのっ!!!



気を取り直して、やさぐれモードで綴り続けたら間違いなく炎上すると思うのでここまでにして・・・


サボっていた間に何をしていたかというと、仕事以外の時間は基本的に


「大酒食らって、ネコと仲良く惰眠を貪っていた」。



・・・・何やってんだよ俺orz
絶対的な仕事量というよりも、やたらに急かされるばかりでコントロールが利かない毎日に気疲れする日々です。



記憶をたどりなおしてみれば、大酒かっ喰らうその傍らには必ず鉄道模型があったはずなのですが、ちょっとはっきりしません。

メモリーカードを漁ってみたら↓こんなのや

s-IMGP0272.jpg


s-IMGP0295.jpg


↑こんなのが出てきました。

そうでしたそうでした。他人様にお見せできるレベルは到底無理にしても、自分も山や川を作ってみよう!という思いを強くしていたのでした。


しかし現実にはこんな山を作っています。
まったく進歩していません。

s-IMGP0298.jpg


2~4月の三ヶ月でこれだけの数というのは、それでも自分にとっては「未曾有の少なさ」だったりします。


s-IMGP0324.jpg


この客車も、当初は予定にありませんでした。
KATOからの発売を待つというスタンスだったのですが、なんとなくまだ遠いような気がして、一瞬の気の迷いの如く傾いてしまいました。
過去の事例から言って、近々にKATOから発売が発表されるに違いありません ^^;
蛇足ですが、これで車両形式だけ見れば「ゆうづる」がフルコンプになりました。

s-IMGP0328.jpg


片やこちらは、長い間待望していた物。
自分はオリジナル塗装の方が好みな車両が多いのですが、このE1系だけは塗装変更後の方が好きだったりします。

数ある新幹線電車の中でも、最も好きなシンボルマークがこれ。
s-IMGP0326.jpg


新幹線電車も、当初願望も含めて揃えたいと思っていた車両のほぼすべてが揃いました。ずいぶんと早期に揃った印象があります。
これやドクターイエロー、0系など当初入手に苦労すると思っていた車両が相次いで再販売されたこと。
目鼻が利いてヒキが強い友人が身近にいて、大いに力を貸してくれたことがその要因でしょう。


主なメーカーの発売予定ラインナップ、そして店頭の在庫の状況も、今しばらくはのんびり構えていても大丈夫なようです。
車両の置場所と工作する環境・場所も含めて、いろいろとモチベーション以前の問題をクリアしなければなりませんが、とりあえず今は、それらに本格的に取り組む時間が欲しい。そんな昨今です。

「原点」と「憧憬」

関水(KATO)から単品各種として発売された24系25形(100番台)がやってきました。
言わずと知れた、ブルートレイン最盛期そしてブルートレインブーム最盛期に最新型車両だったシリーズです。

s-IMG_0001.jpg

カメラを構えている少年たちのいでたちが、時代を感じさせてくれるでしょう?(笑)

ブーム絶頂期に改造が種々行なわれたり、そのそれぞれを組み込んだ列車にそれなりに人気があったりもするため、国鉄時代だけを再現しようとしても案外と多種類になってしまうのが、この形式の特徴です。模型メーカーとしては販売形態の考えどころだと思われます。

今回の単品発売で、果たして同形式を一昨年にリニューアル発売したトミックスと、ほぼ同じ販売形態となりました。

二大メーカーが同様の形態を採ったという事は、おそらくこれが最適解なのでしょう。
s-IMGP0246.jpg

私は、当時すべてB寝台・食堂車無しで走っていた「瀬戸」「あさかぜ3-2号」の編成で導入しました。

予約分以外に予備にオハネフの200番台も・・・と思ったのですが、出荷が追いつかなかったのか分納になったとのことで、お預けとなりました。

地味ながらもオハネフ25-200が単品にて購入可能なのが、編成の自由度を増す意味では効果的であるように思えますので、同じように考えた方が多かったのかもしれません。
内蔵トレインマークに明星・彗星が入っている理由のひとつがどうやらこのオハネフ200番台であるらしいことは、調べてみてからわかったことです。

電源車とオハネフにはナックルカプラーが、オハネフには更に中間車との連結用にボディマウントカプラーも付属してきます。
テールライト選択スイッチと併せて、あらゆる編成バリエーションに対応が可能となっています。
ボディマウントカプラーが標準となっていることによる価格的アドバンテージと共に、この点が後発の強味です。


「関水金属の24系25形」は私にとっては特別な車両でもあります。
はるか30年以上の昔、ライトもトレインマークも点灯する、しかも機関車みたいにプラスチックケースに入った関水のブルートレインは、トミックスの同じそれよりも最大で\500程度高いという、子供にはかなり大きな価格差(当時の\500は私のお小遣い半月分)で店頭に並んでいました。
振り返るに、あの当時に関水のEF65PFを買ったことの感激と、あの当時にカニ24を結局買えなかったことからくる憧憬が、今の私の「関水びいき」の原点になっている気がします。

自分が「カトー」ではなく「関水」と呼ぶのも、この辺りの記憶が原点だと思われます。

s-IMGP0242.jpg

関水のブルートレインにはプラケースが似合う!(笑)

14系から始まった関水の新世代ブルートレイン車両群も、それなりの列車・形式が出揃ってきました。
残るは25形0番台と14系15形ですが、これらは既発売形式の「応用編」的な形をしていますので、あまり首を長くせずにも良いのではないかと勝手に思っています。
問題があるとすれば、機関車の新規・リニューアルに絡めた発売スタイルに上手く乗せられるロコの車種選定ではないでしょうか?

25形0番台を「あけぼの」にしてEF71/ED78、あるいは「ゆうづる」でED75/EF81…15形は…「あかつき」でEF30!?と妄想するだけはタダですね(笑)


いずれにしても、ユーザーを疲弊させすぎない程度にお願いします。

新年、景気付けにひとつ

松の内も過ぎて、迎えた新年がめでたかった方もそうでなかった方も、等しくご挨拶を交わせるようになりました。


私は現在、鉄道模型を通じてお付き合いいただいている方のほぼすべてが、インターネットを媒介に知り合ったのですが、いつの間にかたくさんの年賀状をいただくようにまでなりました。
普段はあまり新たに人とお会いする機会がないような生活を送っておりましたので、今更ながらネットの力というか効果というか、そういったものに改めて感動を覚えるのがこの時期です。

s-IMGP0216.jpg

みなさん本当にありがとうございます&これからもお世話になりっ放しになります(←おいこら)。




昨年暮れにこんな動画を見つけて、何回も再生しては見ておりました。
まずはご覧いただければ。




バイクに乗りたくなる動画(免許持ってないケド;)、現地に行きたくなる動画、どこかに出かけたくなる動画だと思いませんか?
多くの人が「日本の原風景」として持っているような景色も散りばめられて、日本が好きになるというか、じわじわ来る動画だと感じました。

バイクに限らぬ車載カメラ動画というのは今や結構なカテゴリーらしくて、サイトには多数の動画が公開されています(酷道ラリーシリーズとか大好き)。
投稿者のほとんどが当然のことながらクルマ好きバイク好きであることは疑い無い事と思います。
そして、旅先沿道で併走・遭遇する鉄道の扱い方を見るにつけ、案外と「鉄分」も多く含有していることに気がつきます。
あるいは、多くの方の原風景に登場する役者として、鉄道も欠かせないになっているのかもしれません。


で、


頭をもたげちゃったわけです・・・・・・。
・・・・・・やまぐち号が。・・・・・・・


元々、とある動画をきっかけに鉄道模型に出戻ったと言えるくらいに、影響されやすい人間であります。
先の動画中にも、反則とも思えるほどの決定的カットを連続されてしまっては、ちょっと辛抱たまりません。

s-IMGP0226.jpg

s-IMGP0222.jpg

というわけで、年をまたいで10日ほど迷いまくり、結局迷うのに疲れてしまった形で購入。

現在、付属パーツさえ取り付け順番待ち中・・・

s-IMGP0233.jpg

客車は来月のマイクロエースの方も甲乙つけがたいようです。いやあちらの方に高い評価を与える方が多いでしょう。ただ個人的に、それを待っているうちに他にも予期せぬ新製品が出たりなどして、いつの間にか機関車だけ孤立しそうな気もしたので、「今あるものを買える時に」購入できるこちらを選択しました。(ところが、予定が繰り上がってマイクロは1月発売になりました。余程の事情が無い限り、マイクロをお勧めしますw;)

今年の干支は「龍」。きっと、私の龍はイヤッッホォォォオオォオウ!と啼くのでしょう。

s-IMGP0227.jpg

いただいた年賀状の中の一枚をバックに記念撮影。
任務完了(笑)。



甚だ遅くになりますが、本年もよろしくお願い致します。
こねこ時計 ver.2
Sweets
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
プロフィール

海無し

Author:海無し
鉄道模型ネタを中心に書いて行きます。

とは言っても散財ネタが中心で、大した記事もアイデアも出せずに末席を汚すこととは思いますが、もし私にも居場所が空いておりましたら、居候させてくださいまし。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

1500masaの鉄馬と鉄道

鉄道萌型技術研究所

東ナノ総合車両センターの裏話

千葉緑機関区運行日誌

ぶらり鉄道趣味日記

だらだらガラクタ箱

鉄道模型大好き人(TMD)のいろいろ
リンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。